もっとスタイリッシュに、そして機能的に。

カーテン選びはポイントを押さえて

カーテンはお部屋の中でも大きな面積を占め、全体の印象を決める重要なインテリアアイテムです。より素敵なお部屋作りのために、色、柄などのデザイン選びには注意が必要です。ポイントをおさえた失敗しないオーダーカーテン選びを成功させましょう。


image1

失敗しないカーテンの色選び

色・柄選びにおいて、まずはお部屋全体のテイストと「同系色でまとめる」ことをポイントにしましょう。例えば、ホワイトの壁に濃いブラウンのフローリングのお部屋の場合、ベージュのカーテンであればしっくりなじみます。お部屋全体に統一感が生まれ、カーテンだけが浮いてしまう失敗を少なくすることができます。

しかし、すてきな柄もののカーテンを選びたい場合や、単調でない、ワンランク上のお部屋づくりを目指す場合もあるでしょう。その場合は最初に、カーテンも含め、お部屋のインテリア全体に使う色を、「ベース2色とアクセントの1色」として考えてみましょう。

例えば、モスグリーンとエメラルドグリーンをベースの色にし、イエローベージュをアクセントにしてみるなどはいかがでしょうか。統一感もキープしながら、単調ではないお部屋づくりをすることができます。また、ラグやクッションを、カーテンと同じ布で統一することも、失敗が無くおすすめのテクニックです。



image4 (1)

カーテンは機能も重要

カーテン選びの魅力の一つに、お気に入りのデザインでお部屋を飾ることができるという点が挙げられるでしょう。ただしここで気をつけなければならないことは、カーテンは機能も満たす必要があるという点です。

例えば、もし寝室にレースのカーテンのみだった場合、眠りの妨げになってしまうことも想像することができます。皆が集う居間のカーテンに、濃いめの重たいイメージの色を選んでしまうことも、あまりふさわしくなさそうです。

そのようなミスマッチをしないために、お部屋ごとそれぞれの使い方を想像して、ニーズを満たせているかどうか、そのポイントも検討する必要があるでしょう。



image1

カーテンはタイプもいろいろ

厚手のカーテンを柄物にし、レースを無地にするのはいつものスタイル。それを逆にして、厚手の方を無地にし、日中も閉じておく時間の長いレースを柄ものにして内側にかけた場合を想像してみて下さい。

いつもとは違う、レースに浮かぶ繊細な柄を楽しめるのみならず、日中と夜とで異なる表情をも楽しむことができます。

このようなテクニックはもちろん、ロールカーテンなど、カーテンとひとことで言っても、いろいろなタイプが存在します。オーダーカーテンならあなたの希望通りの目指したいお部屋やインテリアに合わせ、ポイントを押さえて選ぶことで、より素敵なお部屋作りが簡単に実現できます。

メールのお問合わせ

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

住所
(新居の住所をご記入ください)

ご予算
(このサイトはご予算30万円以上の方が対象です)

部屋数

窓数

オーダーカーテンのご希望・夢について具体的にお知らせください。
(モダンな部屋にしたい。トータルで提案希望。他店の見積書があるなど)