夫はこだわりの人。おしゃれな人でもあり、限られたおこづかいの中でもスーツのオーダ

ーをしてみたり、自分のこだわりをできる限り追求することが生きがいのような人です。

家の中のことにもこだわって、水回りのリフォームなど、これまで設備関連についてはか

なり熱心に比較検討などしてくれたので、とても助かっています。

ただし、インテリアっぽいような部分、家具やカバーリング類などの好みはわたしに譲っ

てくれることが多かったのですが、今回のオーダーカーテンについては、夫がものすごく

燃えていました。

 

というのも最近、夫の幼なじみが東京都内に自宅を新築。その際に見たカーテンに夫は一

目惚れ、そのカーテンはオーダーカーテンだったそうなのです。自分なりの逸品探しが大

好きな夫は、俄然張り切って自分なりのカーテンを検討し始めました。また、一応子供の

意見も・・・と聞いてみるとやはり、子供に好みはあるもの。活発な議論が交わされたよ

うです。

 

わたしはかやの外だったわけですが、出来上がったカーテンが部屋にかかったのを見てと

ても満足。夫も子供も、ふたりはわたしの好みはなんだろうと考えて選んでくれたそうな

のです。「お母さん、どう?」という子供、その気持ちにもとても感激しました。また、

自分の好みにはこだわり尽くす夫でしたが、これまでわたしのために何かを選んでくれる

ことはほとんどなかったのです。というのも、わたしにも何か、自分と同じようなこだわ

りがあるだろうと、あえて押し付けてしまうようなことは避けていたそうなんです。そん

な気遣いを知ったことも今回のうれしい発見でした。

 

それにしても、カーテンひとつにこだわるだけで、お部屋のイメージがこんなに変わるだ

なんて思ってもみませんでした。今回は、猫が引っ掻いて傷んでしまっていたカーテンだ

けを新しくしてみたのですが、近い将来、新築の計画をしている我が家。その際のカーテ

ンは絶対オーダーカーテン!家族全員で楽しく選ぼう~、なんて、思ってます。